Thursday 15 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 17 days ago

【インタビュー】もし徴兵制が日本にあったら。石川慶と太賀が思い描く十年後の日本『十年 Ten Years Japan』

 是枝裕和監督がエグゼクティブプロデューサーを務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』が11月3日より公開される。 本作は、十年後の香港を描いた映画『十年』から始まった国際共同プロジェクトで、日本、タイ、台湾の若手監督たちが十年後の自国を思い描くというコンセプトだ。日本からは早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶が参加、それぞれが思い描く日本の十年後を映像に切り取っている。 その中の一編「美しい国」は日本に徴兵制度が導入され、その告知キャンペーンを担当する広告代理店の男性が主人公だ

Related news

Latest News
Hashtags:   

【インタビュー】もし徴兵制が日本にあったら。石川慶と太賀が思い描く十年後の日本『十年

 | 

Years

 | 

Japan』

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources