Thursday 15 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 15 days ago

ドイツの元看護師、裁判で患者100人の殺害を認める。捜査で掘り起こされた遺体は130体以上…

ドイツ北部のブレーメン近郊で、勤めていた病院の患者に薬剤を注射して殺したとして2015年に終身刑を受けていた受刑者が、新たな裁判で入院患者100人を殺していたと認めた。ドイツの週刊誌「デア・シュピーゲル」によると、これは戦後最大の大量殺人事件で、捜査当局はトルコやポーランドなどでも遺体を掘り返して捜査。しかし、余罪が疑わしいものの、ほとんどの遺体が焼却されており、犯罪の証拠を追うことが難しくなっている。「蘇生すると、同僚や上司から称賛される」新たな裁判で大量殺人を告白したのは、元看護師ニールス・フーゲル(4

Related news

Latest News
Hashtags:   

ドイツの元看護師、裁判で患者100人の殺害を認める。捜査で掘り起こされた遺体は130体以上…

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources