Thursday 15 November 2018
Home      All news      Contact us      English
akita_news - 14 days ago

県、クマ生息調査区域を3割減 背景に猟友会高齢化

 ツキノワグマの生息数を推定する現地調査について、秋田県は来年度から対象区域を約3割減らすことを決めた。調査を担う県猟友会員の高齢化と減少が理由。県は「赤外線カメラを使った新たな調査のデータも活用し、…

Related news

Latest News
Hashtags:   

県、クマ生息調査区域を3割減 背景に猟友会高齢化

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources