Thursday 15 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 13 days ago

米国の生産制限緩和により、2019年の原油価格はわずかに上昇: 世界銀行予測

貿易摩擦、供給過剰がエネルギー以外の一次産品市場価格に影響ワシントンDC、10月29日 世界銀行は、本日発表した「一次産品市場の見通し」2018年10月版の中で、世界規模で広がる貿易摩擦がエネルギー以外の一次産品の価格を下落させ、2019年の価格見通しの下方修正につながっていると指摘する。同報告書は、原油価格は2018年の1バレル当たり推定平均72ドルからわずかに上昇して2019年は平均74ドルとなり、金属価格については2019年も全般的に安定が続くと予測している。石油、天然ガス、石炭を含むエネルギー価

Related news

Latest News
Hashtags:   

米国の生産制限緩和により、2019年の原油価格はわずかに上昇:

 | 

世界銀行予測

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources