Wednesday 21 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 18 days ago

テクノ法要で極楽浄土にトリップ。異色の試みは「寺への危機感」とPerfumeから生まれた

それは斬新な体験だった。カラフルな仏像が飛び交う映像が壁に映し出される中、リズミカルにお経が唱えられていく。10月30日、東京国立博物館で報道陣に先行公開された「テクノ法要」を聞いていると、極楽浄土にトリップしそうになった。同館で12月9日まで開催している特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」とのコラボ企画だ。大報恩寺の住職を初めとする真言宗智山派の僧侶7人が、四つ打ちのテクノミュージックとプロジェクションマッピングに合わせて読経した。(※動画の一覧はこちらへ)作曲したのは、「テクノ法要」の発案者で

Related news

Latest News
Hashtags:   

テクノ法要で極楽浄土にトリップ。異色の試みは「寺への危機感」とPerfumeから生まれた

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources