Sunday 18 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 11 days ago

トランプ大統領、日本の記者の英語に「何を言っているかわからない」 どんなやり取りだった?

アメリカのトランプ大統領は11月7日の中間選挙後の記者会見で、アクセントのある英語を話す日本の記者に「何を言っているのか分からない」と述べた。トランプ氏はこの日の会見で、アクセントのある英語を話す記者を差別するような発言を繰り返し、非難の声がでている。■どんなやり取りだった?トランプ氏は、日本の記者から経済について問われている際、質問を遮って「あなたはどこから来たのか?」と逆質問。記者が「日本から」と答えると、「シンゾーによろしく」などと返答した。記者が続けて、「日本との貿易や経済問題についてどのように考えているのか」などと聞くと、記者の方に身を乗り出しながら聞いていたトランプ氏は、「私は本当に、あなたが何を言っているのかわからない」などと述べた。具体的には、次のようなやりとりだった。ーーーーーーーー記者:経済について、どう考えているか教えて...トランプ氏:あなたは、どちらの出身ですか?記者:日本です。首相は安倍...トランプ氏:なるほど、シンゾーによろしくと伝えて下さい。記者:わかりました。トランプ氏:私は、日本の関税について彼は喜んでいると確信しています。続けて。記者:はい。では質問です。日本との貿易や経済問題について、どのように考えていますか? 日本にもっと要求するつもりですか? あなたが論調を変えますか?トランプ氏:私は、私は本当に、あなたが何を言っているかわからない。記者:日本との貿易や経済問題について...トランプ氏:日本との貿易?記者:そうです。トランプ氏:そうですね。私たちは現在、日本と取引しています。日本は...それはすばらしい国です。日本には選挙で大成功を収めた偉大な首相がいます。彼は私のとても良い友達です。彼は私の親しい人の一人です。そうではありますが、私は、日本が貿易で、アメリカを公正に扱っていないと常に指摘しています。彼らは非常に低い税金で、何百万という車を送ってきます。彼らは私たちの車を輸入しません。彼らがそうするなら、彼らには、彼らの車に巨額の税金を払ってもらうことになる。日本...私は日本を責めません。私はそうした状況を許したアメリカの担当者を非難します。ご存知の通り、我々の日本との貿易赤字は、1000億ドルに近い。日本は私たちを非常に不公平に扱いました。しかし、あなたは孤独だと思わないでください。しかし、孤立していると思わないでください。あなた(日本)だけではありませんので。ーーーーーーーートランプ氏はこの日の会見で、他の2人の記者にも、「何を言っているかわからない」と述べた。「私はブルックリン出身ですから、あなたは私の言うことがわかるでしょう」などと述べたうえで質問する場面もあり、これに対してトランプ氏は、「よかった。私はあなたの言うことがよくわかります」などと答えていた。これらのトランプ氏の発言に対し、「アクセントのある英語の記者への差別だ」「もう少し尊敬できる大統領だといいのに」などとの声が出ている。

Related news

Latest News
Hashtags:   

トランプ大統領、日本の記者の英語に「何を言っているかわからない」

 | 

どんなやり取りだった?

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources