Wednesday 14 November 2018
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 6 days ago

赤羽ゆかりの大ロックスター、エレカシの名曲が駅の発車メロディに起用される 

人気ロックバンド、エレファントカシマシの名曲が11月16日からJR赤羽駅の発車メロディに起用されることになった。エレカシの曲が発車メロディとして流れるのは、宇都宮線(東北線)・高崎線・湘南新宿ライン。代表曲である「俺たちの明日」(5番線:池袋・新宿・横浜・大船方面)「今宵の月のように」(6番線:大宮・宇都宮・高崎方面)の2曲が使用されるという。エレカシは4人のメンバーのうち、ヴォーカルの宮本浩次さんら3人が赤羽出身、旧赤羽台中学校の同級生で結成された。ミュージックビデオやCDジャケット撮影の舞台などにもなっており、ファンにとって赤羽は「聖地」のような存在だ。メンバーが地元愛を語ることも多い。宮本さんが、赤羽駅前の喫茶店で歌詞を書いたり、下積み時代、先に人気の出たスピッツやMr.Childrenなど、同世代のバンドの活躍が悔しく、深夜に赤羽の団地を走ったというエピソードでも知られる。今回の曲の起用は北区による、赤羽のシティプロモーション戦略の一貫。「東京都北区赤羽」で知られる人気漫画家、清野とおるさんによるイラストのポスター5種類も制作され、赤羽駅や商店街など各地でエレカシを全面に押し出したキャンペーンが実施される。2017年3月21日にデビュー30周年で再度人気が加熱、同年末に初めての紅白出場を果たすなど、「再ブレイク」「遅咲き」と称されるロックバンド。「住みたい街」として近年、ブレイクしつつある赤羽の街の存在感ともマッチしている。

Related news

Latest News
Hashtags:   

赤羽ゆかりの大ロックスター、エレカシの名曲が駅の発車メロディに起用される 

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources