Friday 24 May 2019
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 8 days ago

丸山穂高議員が「報復」示唆。辞職勧告の動きに「ほかの議員の不祥事を世に問いかける」

北方四島ビザなし交流に参加した丸山穂高・衆院議員(大阪19区)が元島民の男性に対し、戦争で島を取り返すことへの賛意を引き出そうとするかのような発言をした問題で、与野党が批判を強めている。野党側は、丸山氏に辞職勧告決議を求める議案の提出を検討し始めた。これに対し、丸山氏はTwitterでほかの議員の不祥事を問題にするなどと「報復」を示唆。対立が深まっている。朝日新聞デジタルなどによると、問題発言があったのは5月11日夜。丸山氏はビザなし訪問団の一員として国後島を訪問中で、当時、ロシア側との公式行事が終わった後、島にある施設「友好の家」で訪問団のメンバーらと懇談中だった。丸山氏は酒に酔いながら、国後島出身で訪問団の団長を務めていた大塚小弥太さん(89)に対し、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと質問した。大塚さんがなんども戦争を否定しているのにも関わらず、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと、戦争によって島を取り返すことに賛成を求めるかのような問いかけを繰り返した。2人のやり取りは以下の通り。丸山氏「団長は戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」大塚氏「戦争で?ああ、反対、は、はんた 」丸山氏「だからロシアが混乱しているときに、取り返すのはオーケーですか」大塚氏「いや、戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」丸山氏「でも取り返せないですよね」大塚氏「いや、戦争したって 戦争するべきではない」丸山氏「戦争しないとどうしようもなくないですか」大塚氏「いや、戦争は必要ない」(中略)丸山氏「何をどうしたいんですか」大塚氏「え?」丸山氏「何をどうしますか」大塚氏「何をですか」丸山氏「うん。どうすれば」大塚氏「どうすれば、って何をですか」丸山氏「うん」大塚氏「いや、何をどうすればいいって言って 」丸山氏「この島を。この島を」大塚氏「それを私に聞かれても困ります。 率直に言うと、返してもらったら一番いい」丸山氏「戦争なく」大塚氏「戦争なく。はい。戦争はすべきではないと思います。これは個人的な意見です」丸山氏「なるほどね」大塚氏「はい」丸山氏「※」 ※聞き取れず大塚氏「早く平和条約を結んで、解決してほしいです」訪問団員の制止聞かず丸山氏は問題発言の前、交流の一環でロシア人島民の個人宅を訪れ、飲酒していたという。丸山氏は別の訪問団メンバーの制止を聞かず、大塚さんとのやりとりを終えた後も大声で騒いだり、決まりに反して友好の家の敷地外に出ようとしたという。丸山氏に対し、複数の訪問団メンバーが抗議し、翌12日になって全訪問団メンバーの前で謝罪したという。丸山氏は訪問終了後、東京都内で記者団に対し、「心から今回の発言について謝罪し、撤回する」と述べた。丸山氏は日本維新の会に所属していたが、松井一郎代表(大阪市長)が「辞職するべきだ」として除名処分を決定。さらには、与野党に対し、辞職勧告決議案の提出を呼びかけた。共同通信によると、立憲民主、国民新党、共産など野党5党派は検討を始めた。一方、自民党は慎重な姿勢を取っているという。これに対し、丸山氏はTwitterで「これより先の期間は無所属で活動する」と辞職する意思がないことを表明した。会見でも申し上げたとおり今回の北方領土に関する発言につきまして、元島民の皆様を始め、領土の返還を願い、その実現に向けてご尽力されて来られた全ての国民の皆様に謝罪申し上げます。朝方、離党届を提出し、先ほど党紀委員会等にて除名処分となりました。虚心坦懐にその処分を受けとめるとともに、 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 14, 2019これより先の期間は無所属にて活動する中で、残りの政策の実現に向けて一つ一つ前に進めてまいります。重ねて今回の件でご迷惑やご心配をおかけした全ての皆様へ心からお詫び申し上げます。 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 14, 2019その上で、辞職勧告決議案が提出された場合、YouTubeなどで「北方領土問題を含め日露外交の問題から、与野党の議場で不問になっている過去の他議員不祥事」などについて問題にする姿勢を示した。憲政史上例を見ない、言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行います。ただ問題は、議運委や本会議では本人からの弁明機会の機会すら無い。その場合には、この機会にyoutube等で自ら国内外へ以下の様々な配信を。https://t.co/UJJDQgj0SW 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 15, 2019過去、可決は鈴木宗男氏など逮捕や起訴案件で3件あるが、発言等に関する提出など1例もなく、まさに言論府が自らの首を絞める行為に等しい。野党側の感情論で議案が出され、普段は冷静な与党まで含めて審議へ進むなら、まさにこのままではこの国の言論の自由が危ぶまれる話でもある。北方領土問題を 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 15, 2019含め日露外交の問題から、与野党の議場で不問になっている過去の他議員不祥事、提出に賛成するというなら維新も含めた各会派の問題点も同時にこの機に世に問いかける形に。いずれにしろ自分自身、毎期毎期次の当選などより常にその任期を全力でやってきた。今回の件で不適切性や配慮を欠いていたことに 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 15, 2019ついて認め、撤回と謝罪するのは当然。また今多くの方に、北方領土や防衛についてどうあるべきか考えて頂けている中、これ以上荒立てるつもりはないのだが。議会案件で言われたまま黙り込むことはしない。その機に国内、国外へ向けて様々発信で申し述べるし、可決されようがされまいが任期を全うする。 丸山ほだか (@maruyamahodaka) May 15, 2019関連記事 平和条約交渉、プーチン大統領「失速している」と発言か 地元紙も「ロシアは島を引き渡すつもりはない」 北方領土の日本への引き渡し、ロシア人の現住民の9割が反対。世論調査で判明 「北方領土は合法的にロシアに移った」ラブロフ発言は正当か。ソ連もかつて旧敵国条項の無効を認めていた 【断言】北方領土と平和条約交渉の行方、日ロ首脳会談でも専門家は「進展しない」 北方領土引き渡しに反対する集会がモスクワで開かれた。領土問題とは別のもう1つの狙いとは? 北方領土を日本に引き渡すことについて、ロシア人の賛否は? 2つの世論調査からわかること 「第2次大戦の結果を認めないのは、世界で日本だけ」 ロシアのラブロフ外相、「北方領土」呼称も問題視 「北方領土はすべてロシアの主権だと認めよ」 ロシアのラブロフ外相が河野太郎外相に迫る(会見全文) 日本はロシアの「第2次大戦の結果......」主張を受け入れるのか。ロシア外務省報道官の「暴露」から推測する


Latest News
Hashtags:   

丸山穂高議員が「報復」示唆。辞職勧告の動きに「ほかの議員の不祥事を世に問いかける」

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources