Saturday 15 June 2019
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 12 days ago

「繁忙期に入る前にきちんと休んでもらいたいので...」ジェットスター、パイロットが有給取得のため54便が欠航

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは6月3日、多くのパイロットが有給休暇を取得した影響で勤務上の管理が困難になり、同月8日から30日の間で国内線と国際線の合わせて54便が欠航すると発表した。同社によると、1日と2日も同様の理由で計16便が欠航した。ハフポスト日本版は、この事態について同社の広報担当者に取材した。──なぜ、このような事になってしまったのでしょうか?「4月・5月の話ですが、今年のGWは10連休だったこともありスケジュールが過密で、パイロットは十分な休養を取れていませんでした」「また夏の時期は再び繁忙期に入るため、早めの有給休暇の申請を促したのですが、申請希望者が相次いでしまったのです。通常の倍程度の申請がありました」──それ以外の他の要因は、何かありましたか?「この状況に加えて、体調不良を申し出る者が予想を超える数出てしまいました。当社はパイロットが200人程度おります。体調不良者に代わる他のパイロットでの運行が出来ないか、勤務上のスケジュール調整を検討しましたが、乗務に必要な訓練が遅れているなどの理由で代替要員を確保出来ませんでした」「この状況を考え、休暇の返上や有給期間の変更を申し出た者がいてくれたのも事実ですが...止むを得ず欠航とさせて頂きました。欠航により、ご迷惑をかけてしまった事に対しては大変申し訳なく、反省しております」──体調不良が相次いだとのことですが、法定の労働時間などは守られていたのでしょうか?また、パイロットの数が根本的に足りないという問題ではないのでしょうか?「法定の労働時間は遵守しています。あくまでも、体調不良が想定以上に出たという認識でおります。パイロットの数が足りていないわけではないと考えております」──パイロットと同様に、キャビンアテンダントについては、体調不良などが相次いでいる状況はないのでしょうか?「キャビンアテンダントについては、運行に支障をきたすほどの混乱にはなっておりません」「弊社としては、有給休暇の取得を積極的に奨励しております。特にパイロットは皆様の命をお預かりして、安全に目的地までお送りするという任務がありますので、万全な体調でフライトに臨んでもらうことが何よりも第一と考えています」「今回は多くの欠航を出してしまうという結果となってしまいましたが、パイロットには、繁忙期に入る前にきちんと休んでもらいたいので...申し訳ありませんが、利用者の皆様にもご理解をいただければと思います」ジェットスター・ジャパンによれば、7月は運行計画通り航行できる見込みだという。欠航の対象となる便を予約した利用客については、振り替え便や払い戻し等で対応するとしている。


Latest News
Hashtags:   

「繁忙期に入る前にきちんと休んでもらいたいので

 | 

」ジェットスター、パイロットが有給取得のため54便が欠航

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources