Thursday 18 July 2019
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 7 days ago

参院選、各党のLGBT政策は?参院選を #レインボー選挙 に

ーー参院選をレインボー選挙に。7月21日投開票の参議院選挙で、「LGBTフレンドリーな候補者」に投票しようと呼びかける動きが広がっている。LGBTに関する各候補者や政党の政策スタンスは、どこで比較することができるか。LGBTフレンドリーな議員はどのように探せば良いのだろうか。 レズビアンとゲイを公表する2人の候補者 今回の参院選では2名の「LGBTの当事者」が立候補している。一人は、レズビアンであることを公表している増原ひろこ氏、そしてもう一人は、ゲイであることをオープンにしている石川大我氏だ。ともに立憲民主党からの出馬だ。増原氏は京都選挙区から。石川氏は全国比例から立候補しており、両者ともLGBTをはじめとする様々なマイノリティの声を議会に届け、差別やハラスメントのない、多様性が尊重される社会の実現を目指す。特にLGBTに関する政策としては、LGBT差別禁止法や同性婚の法制化、自治体のパートナーシップ制度の導入促進などを掲げている。 「同性婚」の賛否で比較各候補者や政党のLGBTに関する政策スタンスはどうか。朝日新聞や毎日新聞は、それぞれ主要な争点の一つとして「同性婚」に対するスタンスを調査している。調査結果はそれぞれのWEBサイトで公開されており、各政党ごとの比較だけでなく、自分が投票する選挙区の候補者の回答も比較することができる。▼朝日新聞 2019参院選 朝日新聞社・東京大学谷口研究室共同調査▼毎日新聞「えらぼーと2019参院選」教育や就労、医療などでのLGBTに関する政策は?LGBTを取り巻く課題は、「同性婚」を法制化することで全てが解決するわけではない。LGBT法連合会は、教育や就労、医療、行政、民間サービスなど、様々な領域におけるLGBT関する政策スタンスについてのアンケートを、各政党や候補者に対して実施。WEBサイトにまとめて公開している。アンケート結果:「政党編はこちら」「候補者編はこちら」「LGBTブーム」で終わらせないために全ての学校でLGBTについての話題が取り上げられることや、職場のSOGIハラをなくすこと、同性婚を法制化すること、戸籍上の性別変更の要件を緩和することなど、どれも私たち一人ひとりが投票をし、声を届けなければ実現することはできない。反対に、これまで実現できていないのは「遠くで勝手に行われている政治」のせいではなく、国会議員を選ぶ私たち一人ひとりのせいでもあると言えるだろう。LGBTの当事者を国会に送ること、LGBTフレンドリーな候補者に投票することで、制度や社会の文化は確実に変えることができる。「LGBTブーム」で終わらせないために、7月21日は、上記のアンケート結果をチェックし投票所に足を運んでほしい。 (2019年7月11日fairより転載)


Latest News
Hashtags:   

参院選、各党のLGBT政策は?参院選を

 | 

レインボー選挙

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources