Thursday 18 July 2019
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 7 days ago

「そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!」ソフトバンクのサファテ選手が暴言 何があった?

サッカーワールドカップでの優勝の立役者となったアメリカ女子代表のミーガン・ラピノー選手に対して、日本のプロ野球選手がTwitterで暴言吐いたとしてネット上で話題になっている。ラピノー選手はレズビアンだと公表しており、これまでLGBTQなど性的マイノリティの権利に否定的なドナルド・トランプ大統領をたびたび批判していた。以前、サッカー雑誌のインタビューで、W杯に優勝しても「クソなホワイトハウスなんて行かない」と宣言したほか、トランプ大統領に対して「あなたのメッセージは多くの人を排除している」と批判を強めていた。 そうした動きに対して、福岡ソフトバンクホークスに所属するアメリカ出身のデニス・サファテ選手が7月9日、以下のように英語でツイートした。 「よぉ、ラピノー。そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!誰も止めやしない」Hey @mPinoe if you hate America so much, leave! No one will stop you. Dennis デニス・サファテ (@dsarfate) July 9, 2019これに対して、読売ジャイアンツのスコット・マシソン選手も英語で「賛成だね。よそに行って、どうなってるか見てみれば」と賛同ツイートをした(その後、削除されている)。今回のサファテ選手の投稿に対して、Twitter上では「ホークスのファンだけど、失望した」「すごいスポーツマンだと思っていたのに、がっかり」などの声が相次いでいる。相次ぐ反響を気にしたのかサファテ選手は12日、「私のツイートが差別的だと感じられたのであれば謝罪します」とTwitterに投稿した。意図せず、私のツイートが差別的だと感じられたのであれば謝罪します。
私は、大好きな日本で、母国に誇りを持って働いており、そのどちらの国の悪口を言ったことはありません。
代表チームの主将は、なおさらその国に敬意を持ってほしいと感じています。

本当に米国も、国歌も国旗も嫌いなのであれば Dennis デニス・サファテ (@dsarfate) July 12, 2019米国以外にもプレーする場所はたくさんあるし、誰もそれを禁止しないよと伝えたかった。
表現が攻撃的で不快に感じられたのであれば申し訳ありません。
私は常に、ファンを愛し、誰に対しても敬意と誠実さを忘れずにいたいと思っています。 Dennis デニス・サファテ (@dsarfate) July 12, 2019


Latest News
Hashtags:   

「そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!」ソフトバンクのサファテ選手が暴言 何があった?

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources