Saturday 11 July 2020
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 23 days ago

在宅勤務でこれからの保育はどうなるのか。新型コロナとの共存を決めたフランスの保育衛生指針から考える

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために2カ月の外出禁止期間を取り、5月11日から段階的に社会を再始動させているフランス。現時点で治療薬やワクチンのないウイルスを「共存するしかない相手」とし、「防護・検査・隔離」を柱に行動ガイドラインを定めた。店舗や企業向けにも、業種別に60種類以上のガイドラインが発表されている。0〜3歳の子どもたちが利用する保育サービスにも、37ページに及ぶ「保育衛生指針」が設けられた。国の連帯保健省が、保育の業界団体や代表者と意見交換をしながら定めたもので、掃除機のタイプや消毒液の規格、使用時の濃度まで、事細かに提示する。 保育所はすべて認可園とし、保育中の安全管理や保育士の待遇改善を国レベルで監督してきた、フランスらしいやり方だ。


Latest News
Hashtags:   

在宅勤務でこれからの保育はどうなるのか。新型コロナとの共存を決めたフランスの保育衛生指針から考える

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources