Saturday 11 July 2020
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 17 days ago

オリンパス、カメラ事業を売却へ。スマホ普及で3期連続赤字だった。

オリンパスは6月24日、デジタルカメラなどの映像事業を新会社として分社化し、国内の投資ファンドに売却すると発表した。赤字が続く映像事業を黒字化が見込めるように「構造改革」した上で分社化し、12月31日までに投資ファンドの日本産業パートナーズに売却するという。■80年以上のカメラ事業の歴史オリンパスは1936年に自社製のズイコーレンズを搭載した「セミオリンパスI型」を発売して以降、80年以上にわたってカメラ事業を継続してきた。ニコンとキヤノンという2大メーカーに比べると小型のカメラに開発に定評があり、1959年に発売されたハーフ判カメラ「オリンパス ペン」は大ヒット。2000年代に入ってからもミラーレスデジタルカメラとして「


Latest News
Hashtags:   

オリンパス、カメラ事業を売却へ。スマホ普及で3期連続赤字だった。

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources