Wednesday 15 July 2020
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 16 days ago

年3000回「針を刺す」子どもたち 1型糖尿病を「治る病気」にするために

生涯、注射を打ち続けないと生きることができない あなたはそんな人生を想像できるだろうか。現在のところ根治法がない1型糖尿病の子どもたちは、年間3000回にも及ぶ「針を刺す」日々を送っているのだという。この出口のない苦しみから子どもたちを解放し、普通の生活を取り戻すことを目指して、患者・家族らでつくる日本IDDMネットワーク(本部・佐賀市)は、iPS細胞から膵臓をつくる最先端の再生医療研究への支援をクラウドファンディング「A-port」で呼びかけている。 根本治療は移植のみ インスリンが手放せない日常


Latest News
Hashtags:   

年3000回「針を刺す」子どもたち 1型糖尿病を「治る病気」にするために

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources