Monday 3 August 2020
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 25 days ago

死亡のソウル市長、セクハラ告訴される一方で「女性の人権」で積極的に活動していた

韓国・ソウルのパク・ウォンスン市長が、7月10日の深夜、死亡しているのが発見された。秘書からセクハラの疑いで告訴されており、遺書には謝罪の言葉もあったという。ハンギョレによると、前日9日夕方、パク市長の娘が「4〜5時間前に、父が遺言のような言葉を残し、その後電話もつながらず連絡ができない」として、警察に失踪の申告をした。同日、パク市長は職場に出勤せず、その日のスケジュールを「体調がよくない」という理由でキャンセルしていた。その後、市長の行方は不明となっていた。聯合ニュースによると、青瓦台の北側にありソウル市民の憩いの場として有名な北岳山の一帯


Latest News
Hashtags:   

死亡のソウル市長、セクハラ告訴される一方で「女性の人権」で積極的に活動していた

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources