Saturday 26 September 2020
Home      All news      Contact us      RSS      English
huffingtonpost - 2 month ago

角川武蔵野ミュージアムとは? 隈研吾が建築、所沢市に出現した巨大な“石の迷宮“に潜入してみた(画像集)

住宅地を抜けると突然、眼前が開け、巨大な石の塊が出現する。 古代の巨石遺跡か、宇宙からの巨大隕石か。あるいはゲームのダンジョンのような、現実離れした光景は、私たちに未知の世界との出会いを予感させる。

ここは、国立競技場などで知られる世界的な建築家、隈研吾さんが新たに手がけた「角川武蔵野ミュージアム」(公益財団法人角川文化振興財団運営)。埼玉県所沢市に8月1日、プレオープンした。

隈さんが「私の代表作になるだろう」というこの石の建築は、「図書館」「美術館」「博物館」が融合する場として、「ミュージアム」を名乗る。館長を務める編集工学者・松岡正剛さんや、博物学者・荒俣宏さんらの監修のもと、メインカルチャーからポップカルチャーまでを多角的に発信するという。

......クリックして全文を読む


Latest News
Hashtags:   

角川武蔵野ミュージアムとは?

 | 

隈研吾が建築、所沢市に出現した巨大な“石の迷宮“に潜入してみた(画像集)

 | 

Sources