Saturday 27 February 2021
Home      All news      Contact us      RSS      English
huffingtonpost - 1 month ago

コロナ禍で「死にたいと思った」人が3割。音楽・映画・演劇業界から悲鳴、補償を求める声相次ぐ

7割のライブハウスやクラブで、音楽関連事業の収入が50%以上減少した。3割の俳優や劇作家、演出家などのアーティストが、「先が見えない」などの理由で「死にたいと思った」――。コロナ禍が音楽・映画・演劇関係者にもたらす影響を調べたアンケート結果が公表された。 収入大幅減、「半年以上もつか」... ライブハウスの厳しい現状アンケート調査は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、文化芸術関係者の有志が立ち上げた団体が実施した。ライブハウスへの支援を求めるプロジェクト「


Latest News
Hashtags:   

コロナ禍で「死にたいと思った」人が3割。音楽・映画・演劇業界から悲鳴、補償を求める声相次ぐ

 | 

Sources