Tuesday 2 March 2021
Home      All news      Contact us      RSS      English
huffingtonpost - 1 month ago

節分の豆、5歳以下には食べさせないで!消費者庁の注意喚起、年齢を引き上げた悲しい理由。

もうすぐ節分。豆まきを楽しむ人も多いが、小さい子どもにとっては危険もある。消費者庁は窒息や誤嚥を防ぐため、硬い豆やナッツ類等は5歳以下の子どもには食べさせないよう呼びかけている。以前は食べさせないで欲しい年齢が「3歳ごろまで」だったのが、なぜ「5歳以下」に引き上げられたのか。理由や注意すべき点をまとめた。 節分の豆NG、「3歳ごろまで」 「5歳以下」に変わった理由消費者庁はこれまで節分の豆などの硬い豆やナッツ類について「3歳ごろまでは、食べさせないで」と呼びかけてきた。なぜ「5歳以下」に変わったのか。消費者安全課によると、2020年に4才の子どもが節分の豆を詰まらせて死亡した事故があったことなどから、5才以下は食べないよう呼びかけることにしたという。


Latest News
Hashtags:   

節分の豆、5歳以下には食べさせないで!消費者庁の注意喚起、年齢を引き上げた悲しい理由。

 | 

Sources