Sunday 26 March 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
5 days ago

「自殺したいと考えた」成人の4人に1人 増加傾向、厚労省調査

「本気で自殺したいと思ったことがある」と答えた人が成人の4人に1人の割合だったことが、厚生労働省が3月21日に公表した意識調査で判明した。過去に実施した2008年と12年の調査と比べて最も高い割合となった。

調査は今回が3回目。2016年10月に全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施し、回収率は67.3%(2019人)だった。

警察庁の自殺統計(速報値)によると2016年の自殺者数は2万1764人で、7年連続で減少している。厚労省自殺対策推進室は時事

Read on the original site


Hashtags:   

「自殺したいと考えた」成人の4人に1人 増加傾向、厚労省調査

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan