Tuesday 23 May 2017
Contact US    |    Archive
1 months ago

子供の国際返還、実現は3割 ハーグ条約発効3年 外務省が実績取りまとめ

 国際結婚した夫婦間などで国境をまたいだ子供の連れ去りが起きた場合、原則的に子供を元の居住国に戻すことなどを定めた「ハーグ条約」をめぐり、日本に関連する子供の返還実現率は約3割であることが15日、分かった。日本での同条約発効から4月1日で3年を迎え、外務省が3月31日までの実績をまとめた。

Read on the original site


Hashtags:   

子供の国際返還、実現は3割 ハーグ条約発効3年 外務省が実績取りまとめ

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan