Sunday 28 May 2017
Contact US    |    Archive
1 months ago

トルコ国民投票、世論調査では賛否が拮抗 欧米各国は独裁化に懸念

 【イスタンブール=佐藤貴生】トルコで16日、大統領権限を大幅に拡大する憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。過半数が賛成して改正が承認されれば、議院内閣制から大統領中心の統治体制に移行することになり、1923年建国の近代トルコの大きな転換点となる。エルドアン大統領(63)が広範な権限を手に入れ、独裁化が進むことを懸念してきた欧米など国際社会も投票結果を注視している。

Read on the original site


Hashtags:   

トルコ国民投票、世論調査では賛否が拮抗 欧米各国は独裁化に懸念

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan