Sunday 20 August 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
4 months ago

レーニン遺体、保存継続か埋葬か ロシアで議論二分

ロシアの前身、ソ連の建国を実現した革命家、ウラジーミル・レーニン。その遺体は永久保存され、死後90年以上たった今でもモスクワ中心部の「赤の広場」で展示されている。遺体の保存を続けるべきか、あるいは埋葬すべきか--。4月22日はレーニンが生まれた日。ロシア国民の間で意見が割れたまま、節目を迎えた。


「レーニン廟」に安置されているレーニンの遺体

レーニンはロシア帝政時代の1870年、今のロシア西部にあるウリヤノフスクで生まれた。大学時代に経済学者

Read on the original site


Hashtags:   

レーニン遺体、保存継続か埋葬か ロシアで議論二分

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan