Thursday 22 June 2017
Contact US    |    Archive
2 months ago

羽生、4回転4発に「何とか跳べてある程度、満足」/フィギュア

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第2日(21日、東京・国立代々木競技場)ペアショートプログラム(SP)、アイスダンスフリー、男子フリーが行われ、第1日に1位発進した日本は、前日の男子SPで7位だった世界選手権王者の羽生結弦(22)=ANA=がフリーで200・49点。今季3度目の200点超えとなる高得点をマークし、今季最後の試合で1位となった。宇野昌磨(19)=中京大=が198・49点で2位となり、チーム得点を伸ばして首位をキープした。2位は米国、3位にはロシアがつけた。

Read on the original site


Hashtags:   

羽生、4回転4発に「何とか跳べてある程度、満足」/フィギュア

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan