Friday 23 June 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

エボラ出血熱がコンゴで感染拡大、試験中のワクチンを使用するか協議

WHO (世界保健機関)は5月14日までに、コンゴ民主共和国で2件のエボラ出血熱の症例が確認されたと発表した。現在19人に感性の疑いがあり、確定診断を受けているが、うち3人が死亡した。現在複数の医療機関が、試験中のワクチンを感染症集団感染が発生している地域に送ることを協議している。

このワクチン開発のきっかけは、2014年に西アフリカで集団発生したことだった。このワクチンは2015年にギニアで大規模な臨床試験が行われ、2016年にワクチンは「最大限100%の効果」とみなされた。まだ

Read on the original site


Hashtags:   

エボラ出血熱がコンゴで感染拡大、試験中のワクチンを使用するか協議

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan