Wednesday 23 August 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

80年前の名機ダグラスDC-3が関西の空を飛ぶ

航空史上の名機として知られる飛行機DC-3が5月19日、神戸空港で披露され、地元の子どもたちを乗せて神戸、大阪の上空を飛んだ。

DC-3は、アメリカの航空機メーカー、ダグラス社(現ボーイング社)が開発、1930年代から運用が始まった双発プロペラ機だ。性能や燃費、航続距離において優れ、世界で最初の本格的な旅客機として活躍した。

アメリカのほか、ソ連や日本でもライセンス生産された。これまでに計約1万6000機が製造されたが、現存するのは150機程度とされる。<

Read on the original site


Hashtags:   

80年前の名機ダグラスDC

 | 

3が関西の空を飛ぶ

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan