Saturday 16 December 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
5 months ago

戦艦大和の光学兵器はニコン製だった。創立100周年、苦闘の歴史を振り返る

世界的なカメラメーカーのニコンは、7月25日に創業100年を迎える。第二次大戦の敗戦で大ダメージを受けた軍需企業が、カメラメーカーに転換。朝鮮戦争で復活したという日本経済の縮図のようなニコンの歴史を紐解いてみよう。


■戦艦大和の「15メートル測距儀」とは?

ニコンの始まりは、大正初期の1917年。三菱財閥の4代目総帥、岩崎小彌太の個人出資で設立された「日本光学工業株式会社」だ。光学製品のほとんどを輸入に頼っていたが、第一次世界大戦で輸入が途絶、光

Read on the original site


Hashtags:   

戦艦大和の光学兵器はニコン製だった。創立100周年、苦闘の歴史を振り返る

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan