Monday 23 October 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

インドネシア大統領「抵抗する麻薬密売人は躊躇なく射殺せよ」 フィリピン取締強化の影響か

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は7月21日、警察官に対して麻薬密輸の容疑者が身柄拘束の際に抵抗した場合は「躊躇なく発砲し射殺せよ」との指示を出した。フィリピンにおける麻薬取締の強化に影響を受けたものとみられる。ロイター通信などが報じた。

インドネシアは薬物関連犯罪で死刑を科す33カ国の中の1国で、外国人にも死刑や禁固等の重刑が科される。

人権団体のアムネスティは「国際法及び国際基準は、死刑の使用は『最も重大な犯罪』あるいは故殺に限定されると、義務付け

Read on the original site


Hashtags:   

インドネシア大統領「抵抗する麻薬密売人は躊躇なく射殺せよ」

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan