Monday 23 October 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

「光合成をやめた植物」新種が石垣島で見つかる。オモトソウと命名

進化の過程で光合成をやめたホンゴウソウ科の植物の新種を、神戸大などの研究グループが沖縄県の石垣島で発見した。同島の於茂登岳(おもとだけ)の周辺に自生することから、「オモトソウ」と命名された。7月25日、植物分類学の国際誌「Phytotaxa」のオンライン版に論文が掲載された。


オモトソウの写真(神戸大学の公式サイトより)

ほとんどの植物は、「光合成」をすることで知られている。太陽光のエネルギーによって二酸化炭素と水から炭水化物などの有機物を合

Read on the original site


Hashtags:   

「光合成をやめた植物」新種が石垣島で見つかる。オモトソウと命名

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan