Friday 22 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
2 months ago

明治の怪ジャーナリスト黒岩涙香の翻案小説『生命保険』を読んで-生命保険研究者の「生命保険」読書録:研究員の眼

明治時代の有名ジャーナリストにして有名翻案小説家、黒岩涙香(るいこう)の短編翻案小説『生命保険』を読んだ。

彼の作品群の中に『生命保険』という、私の職業魂をくすぐるものがあることは知っていたが、今般、近畿大学教授の稲葉浩幸氏が2006年に発表された論文『わが国生命保険業の黎明期と小説』(*1)を読む機会があって、さらに読みたいとの欲求が高まった。

図書館から同作が収録されている『明治探偵冒険小説集1黒岩涙香集(ちくま文庫)』と『黒岩涙香探偵小説集Ⅰ(論創社

Read on the original site


Hashtags:   

明治の怪ジャーナリスト黒岩涙香の翻案小説『生命保険』を読んで-生命保険研究者の「生命保険」読書録:研究員の眼

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan