Monday 23 October 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

放射線曝露の副次的影響についての分子レベルの手掛かり

がんの放射線治療では、照射された細胞や組織が因子を放出し、放射線に曝露されていない他の組織や細胞に影響を及ぼすという副作用が起こり得る。

この概念は放射線誘発バイスタンダー効果(RIBE)として知られており、よく調べられているが、その分子メディエーターについてはあまり明らかになっていない。

今回D Xueたちは、線虫での研究で、システインプロテアーゼであるカテプシンB(CPR-4)が、RIBE因子の1つであることを報告している。



Read on the original site


Hashtags:   

放射線曝露の副次的影響についての分子レベルの手掛かり

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan