Friday 20 October 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
2 months ago

「老い」を迎える不安-高齢期の「尊厳」どう守る:研究員の眼

先日、定期検査を受けるために大学病院を訪れた。当日の予約患者数は約3千名、多くの高齢者で混み合っていた。

検査と診察で4時間ほど滞在する間に2回トイレに行った。院内のトイレは清掃員が頻繁に掃除をしていたが、私が使用したトイレの小便器の前の床はいずれも汚れていた。

2度目に入ったトイレでは、洗面台の前で70歳過ぎの高齢男性がオシッコで汚れたズボンを紙で拭いていた。おそらく床の汚れは、この人の小便が飛び散ったものだと思われる。

以前、

Read on the original site


Hashtags:   

「老い」を迎える不安-高齢期の「尊厳」どう守る:研究員の眼

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan