Tuesday 22 August 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
13 days ago

焼岳で小規模な噴気確認 気象庁が注意呼びかけ 北アルプス唯一の活火山

気象庁は8月10日、長野と岐阜の県境にある北アルプスの焼岳で、小規模な噴気が確認されたと発表した。今後も、噴気が出るおそれがあるとして、注意を呼びかけている。



気象庁によると、焼岳では9日午後11時50分頃から10日の午前2時頃にかけて、空振を伴う地震を6回観測。監視カメラではこの時間帯に、山頂の西側約400メートル付近の山腹で、白色の噴気を確認した。10日午前0時48分に確認された噴気は約100メートルまで上がり、東へ流れていたという。
<

Read on the original site


Hashtags:   

焼岳で小規模な噴気確認

 | 

気象庁が注意呼びかけ 北アルプス唯一の活火山

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan