Wednesday 20 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

ボルト、悲痛のラストレース 途中棄権で有終の美飾れず

陸上・世界選手権の男子400メートルリレー決勝が12日夜(日本時間13日朝)ロンドンであり、男子100メートル、200メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルトが4走を務めたジャマイカは、ボルトがレース中に足を痛めて途中棄権となった。ボルトは大会前、同大会かぎりでの現役引退を表明。男子400メートルリレーが最後のレースだったが、有終の美を飾ることはできなかった。


レース途中、ボルトは足を痛めて途中棄権となった

決勝レースで4走を務めたボルトは、

Read on the original site


Hashtags:   

ボルト、悲痛のラストレース 途中棄権で有終の美飾れず

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan