Wednesday 20 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

46年間も離ればなれだった母子、「科学の力」で再会を果たしたよ

1971年にプエルトリコで離ればなれになった母親と2人の息子が、アメリカ・テキサス州の空港で感動の再会を果たした。46年ぶりに母子を引き合わせたのは、DNA鑑定だった。

離ればなれになっていたのは、母親のエルシー・ラミレスさん(64)、兄レイモンド・エブリューさん(47)とアントニー・ウィッグズさん(46)。

3人は8月4日、ダラス国際空港で再会を果たしたが、そこまでの道のりは長かった。

CNNによると、ラミレスさんは1971年、

Read on the original site


Hashtags:   

46年間も離ればなれだった母子、「科学の力」で再会を果たしたよ

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan