Wednesday 20 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

過激で衝撃的な新女性賛歌『エル ELLE』―宿輪純一のシネマ経済学®(125)

(ELLE /2017年)

アメリカ映画のハッピーな雰囲気とは違い フランス映画 らしくエロテッィクで、影があって、過激な作品。『ピアニスト』(2001年)などの、薄幸で被虐的な雰囲気を持つフランスの名女優イザベル・ユペールと、『氷の微笑』(1992年)などの過激な演出がウリのオランダ出身のポール・ヴァーホーヴェン監督(現在79歳!)が組んだ、衝撃的なエロテッィク・サスペンス。これも衝撃的だった『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(1986年)の原作者フィリップ・ディジャンの小説が

Read on the original site


Hashtags:   

過激で衝撃的な新女性賛歌『エル

 | 

ELLE』―宿輪純一のシネマ経済学®(125)

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan