Friday 24 November 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

「白人至上主義者はいらない」差別容認派に抗議する人々と、参加がバレて失職した人々。シャーロッツビル事件のその後

アメリカ・バージニア州シャーロッツビルでの白人至上主義者らの集会で抗議した1人が殺害され、十数人が重軽傷を負った事件から1週間後の8月19日、ボストンでは、差別容認派による自称「言論の自由」集会が開かれた。

差別容認派の集会は通称「オルト・ライト」のメンバーによって取りまとめられた、数十名程度の規模だった。一方、これに対抗するべく集まった群集は数万人に達し、集会の参加者を萎縮させた。差別容認派に対抗した人々のメッセージは、「この国には白人至上主義者は要らない」だった。


Read on the original site


Hashtags:   

「白人至上主義者はいらない」差別容認派に抗議する人々と、参加がバレて失職した人々。シャーロッツビル事件のその後

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan