Thursday 23 November 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
3 months ago

寝室明るいと「うつ」のリスク 体のリズム乱れ心の不調に? 奈良県立医科大が調査

寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?

 夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大のチームがまとめた。明るいことで眠りの質が落ちて体のリズムが乱れるなどして、心の不調につながっているらしい。世界的にも珍しい調査で、結果は米国の疫学専門誌電子版で速報された。 奈良県明日香村や香芝市などに住む60歳以上の男女863人の協力を得て、2010年から14年にかけて寝室にセンサーを設置。寝床に入ってから出るまでの明るさを計測した。

Read on the original site


Hashtags:   

寝室明るいと「うつ」のリスク 体のリズム乱れ心の不調に?

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan