Friday 22 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

ミス・プロヴァンスにもタトゥーあったが失格とならず、疑問の声

ミス・フランス委員会にダブルスタンダードか?

右肩にあるタトゥーが原因でミス・マルティニークが失格となったわずか数日後、やはりタトゥーをしているミス・プロヴァンスが失格となっていないことについて、疑問の声が上がった。

7月21日にフランスの海外県・マルティニークのミスコンテストで優勝し、「ミス・フランス2018」に出場予定だったジャッド・ヴォルティジュールさん(18)が、右の肩甲骨にあるタトゥー――小さなハチドリ――を隠していたことで同コンテストへの出場を

Read on the original site


Hashtags:   

ミス・プロヴァンスにもタトゥーあったが失格とならず、疑問の声

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan