Wednesday 20 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
29 days ago

敗者と握手できるアメリカが好きだった

アメリカのバージニア州シャーロッツビルでの事件とは、南軍の総帥だったリー将軍の銅像を副市長の発案で撤去することになり、それに反対した白人至上主義者団体とカウンター勢力が衝突したというものだった。白人至上主義者側の一人、ジェイソン・ケスラーが自家用車でデモ隊に突っ込んだことによりヘザー・ヘイヤーさんという女性が亡くなってしまったことで、単なる一地方都市のイザコザから、世界へとニュースが伝播した。

正直に言うと、トランプ大統領はこの件では気の毒な気もする。



Read on the original site


Hashtags:   

敗者と握手できるアメリカが好きだった

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan