Friday 22 September 2017
Contact US    |    Archive
huffingtonpost
1 months ago

戦力の逐次投入とムービング・ゴールポスト:研究員の眼

戦力の逐次投入を愚策と評価するのは、古典から現代までの戦史を通じた鉄則の一つであると考えられる。巷間良く挙げられる代表例としては、太平洋戦争におけるガダルカナル島を巡る攻防がある。

一般的な理解では、日本軍が兵站を疎かにしたことなどから、やむを得ず戦力の逐次投入になったとされている。しかし、戦力の逐次投入は、現実的には、費用対効果を見極めつつ、限られた戦力の浪費を避けるために行われるファインチューニングの手法でもある。

すべての制約を無視して当初から圧倒的

Read on the original site


Hashtags:   

戦力の逐次投入とムービング・ゴールポスト:研究員の眼

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Categories - Countries
すべてのニュース
Japan