Friday 29 May 2020
Home      All news      Contact us      English
huffingtonpost - 8 days ago

NZのアーダーン首相、FBライブで「週4日勤務」を提案。観光産業をサポートするため

早期対応で、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めたニュージーランドで、首相が国内産業の支援に動き出している。アーダーン首相は5月18日、新型コロナウイルスで打撃を受けた観光業を支援するため、週4日勤務の導入をFacebookライブで提案した。首相はニュージーランド観光地のロトルアで、空港に向かう車の中からライブを配信。「なかなかFacebookライブをする時間がなくて、車の中から失礼します」「カメラが揺れて、皆さんが乗り物酔いにならなければいいけれど」と話しながら、観光業支援について語った。ニュージーランド政府はすでに、観光業に対する4億ドル(NZD)の支援を発表している。国内の観光地を多くの人に訪れてもらうために、働く時間を減らす提案がある、と首相は述べた。「多くの人たちが、週4日勤務を導入すべきだと提案しています」「それは最終的に、雇用主と従業員で決めることになると思います。しかし、私たちは新型コロナウイルスから多くのことを学びました 。自宅から勤務できることや、生産性が一番ではなくなるということ」「ですから、雇用主や働き方を決める立場の皆さんには、(週4日勤務が)職場にとって実行可能か考えてみて欲しいです。それは国中の観光業を助けることになります」アーダーン首相によると、ニュージーランドの観光業は、収入の60%を国内旅行が占めている。その一方で、ニュージーランドの人たちは海外旅行に90億ドル(NZD)を費やしているという。海外渡航再開への見通しがつかない状況で「自分の裏庭を探検してみませんか?」と首相は呼びかけた。素早い感染対策をしたニュージーランド、次は国内産業の支援ニュージーランドは、感染者が50人に満たなかった3月19日に国境を閉鎖し、帰国するニュージーランド人や医療従事者をのぞいて海外からの渡航を禁止した。3月25日には国全体をロックダウンして、国民に自宅待機を求めた。ロックダウンの期間中も、アーダーン首相はFacebookライブで発信し、国民の質問に答えるなどしていた。その後、感染の抑え込みが確認されたとして4月27日にロックダウンを解除し、5月14日には警戒レベルを2に緩和して、学校やレストランの再開を認めた。一方で、国境閉鎖はまだ解除されておらず、海外からの観光客を迎えることはできない。 観光業はニュージーランドにとって、経済を支える重要な産業だ。2019年末のニュージーランド政府の発表によると、観光業は国のGDPの5.8%を占めていて、観光業に従事する人の割合は8.4%になる。また、海外からの旅行者による消費支出は、ニュージーランドの財貨・サービス輸出の20.4%を占めている。国境再開の見通しがつかない中、首相は国内で観光業を支えていく姿勢だ。Related... NZのアーダーン首相、自宅からネット中継で新型コロナの質問に答える。子どもを寝かしつけた後、国民に発信 “They are us”ーーテロ後のアーダーン首相の行動は、愛と思いやりに溢れている。 ニュージーランドの女性首相が出産。親子の3ショットは幸せオーラが満開(画像)


Latest News
Hashtags:   

NZのアーダーン首相、FBライブで「週4日勤務」を提案。観光産業をサポートするため

 | 
Most Popular (6 hours)

Most Popular (24 hours)

Most Popular (a week)

Sources