Wednesday 14 April 2021
Home      All news      Contact us      RSS      English
huffingtonpost - 1 month ago

80万円の錦鯉、池から持ち去られる。警察が見つけた時にはもう完全に手遅れ...

「泳ぐ宝石」として高値で売買されることもある錦鯉が池から持ち去られ、警察が犯人の身柄を確保した時にはもう手遅れ...という痛ましい事件が2021年2月、中国で発生した。複数の現地メディアによると、上海市に住む女性は2月、自分の家の池で飼育していた錦鯉13匹のうち、12匹が何者かによって持ち去られていたことに気づき、警察に通報した。錦鯉は「泳ぐ宝石」と呼ばれ、中国でも富裕層を中心に人気がある。模様や体形などによっては高値で取引され、今回盗まれた錦鯉は合わせて5万元(約80万円)ほどの値打ちがあるという。警察が防犯カメラなどを調べたところ、すぐに庭に立ち入って鯉を盗んだ男を特定。身柄を確保するとともに、男の家で盗まれた鯉を見つけた。しかし、時すでに遅し。鯉はベランダですでに干物にされていたという。現地メディアによると、男は警察の調べに対し、女性の家のそばを通りかかった際、鯉が欲しくなってしまったと話しているという。高額で取り引きされることは知らず、食べるのが目的だったという。Related...「タダでとり放題」デマが広がり...農家の畑から500トンのダイコンが消えた。...クリックして全文を読む


Latest News
Hashtags:   

80万円の錦鯉、池から持ち去られる。警察が見つけた時にはもう完全に手遅れ

 | 

Sources