Thursday 13 May 2021
Home      All news      Contact us      RSS      English
huffingtonpost - 28 days ago

【台風2号】非常に強い勢力になる予想、日本への影響は?今後の情報に注意

2021/04/15 07:12 ウェザーニュース4月15日(木)6時現在、台風2号(スリゲ)はカロリン諸島でほとんど停滞しています。この先は発達を続けて、フィリピンの東の海上で非常に強い勢力になる予想です。今後の情報に注意してください。▼台風2号 4月15日(木)6時
 存在地域   カロリン諸島
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     ほとんど停滞
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   23 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 35 m/s>>最新の台風情報フィリピンの東に北上 来週後半にかけ東進か世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、台風2号はこの先発達する傾向がみられていて、フィリピンの東の海上に達する頃には、非常に強い勢力になる可能性が高まっています。進路はまだ不確実性が高く、フィリピンの東に北上したあと、北東に向きを変える可能性があります。日本への影響は、目先5日間以内では無い見込みですが、来週後半には小笠原諸島などに近づく可能性があります。今後の情報に注意するようにしてください。春は本州の南でも上空に強い西風が吹いていて、太平洋高気圧は南の海上に留まっています。そのため、台風が発生すると、高気圧の縁をまわる風に流されて、早々に東へ向きを変えることが多いと言えます。今年4月に入って1つ目の台風台風2号は、今年に入ってから2つ目、4月に入ってから1つ目に発生した台風です。4月の台風発生数の平年値は0.6個と少ないものの、統計をみると小笠原諸島に接近した台風もあるため、春とはいえ油断は出来ません。>>気圧変化・頭痛対策の参考に<天気痛予報>台風の名前台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風2号の名前「スリゲ(Surigae)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、鷲の一種の名前からとられています。「スリゲ」が使われるのは今回の2021年台風2号が初めてで、前回まで用いられていた140種類のうちのひとつ「ムジゲ(虹の意味)」から差し替えられたものです。>>ウェザーニュース 台風情報関連記事冷え込み強く寒い朝 昼間は晴れて暖かで一日の寒暖差に注意4月15日(木)の洗濯天気予報 広範囲で晴れて洗濯日和傘マップ 4月15日(木) 傘が必要なエリア週間天気 週末は全国的に雨 雨や風の強まりに注意4月15日(木)朝のウェザーニュース・お天気キャスター解説...クリックして全文を読む


Latest News
Hashtags:   

【台風2号】非常に強い勢力になる予想、日本への影響は?今後の情報に注意

 | 

Sources